南相木村の昔話

伝説と民話

むかしばなし

おみかの滝

おみかの滝

むかし昔、和田のある家に「おみか」という気立てのやさしい
美しい娘が嫁いできました。ところが、姑はおみかが嫁入りの
ときに持参した着物が欲しくなり、だんだんおみかがうとましく
なりました。
ある日、欲に目がくらんだ姑は、おみかを滝の不動様を拝みに
連れていき、「ほらっ、あそこに不動様が」といって、おみかに
滝つぼをのぞかせ、つき落としてしまいました。
しかし、姑は帰りがけに寄った家で奇妙な光景を目にしました。
それは、煮え立つ鉄瓶の中からどじょうがするすると自在鉤を
のぼり始めたのです。「おみかのたたりだ!」と悟った姑は、
滝の近くにほこらを建て、おみかの霊をまつりました。それ以来
この滝を 【おみかの滝】 と呼ぶようになったということです。

弘法岩

立岩伝説

七人塚

大師に弘法大師の石像がまつられた岩山があり、弘法岩と呼ばれていました。昔、ある部落に悪疫が流行したとき、この弘法様を借りていって祈ると、すぐに病気は治りました。しかし、弘法様はそのまま帰されず、道端に置かれていました。その後、村人が弘法様の松の大木を切ろうとすると、血が流れ出し「これはきっと弘法様が宿られたにちがいない」と思い、弘法の松と呼んで崇めたということです。

加佐区の南に高さ60m幅10mの立岩があります。この岩には3等分したような線が入っており、遠い昔、鬼が3回に分けて運んできて積み重ねたと言われています。

立岩の近くに七人塚があります。その昔、七人の行者が、泊まった宿で「もてなしが悪い」と文句をいって、畳をズタズタにして逃げてしまいました。怒り狂った主人は、後を追いかけて七人を切り殺してしまいました。