南相木でハイキング(御座山・天狗山)

天狗山山頂

個性豊かな山々に登る・・・

 
南相木村には登山愛好家や地元の人々に愛された個性豊かな山々が並んでいます。
何より手つかずの原生林、花、そして大パノラマに恵まれ、どっかりした山容もすばらしい。。。
最近は中高年やビギナー登山者も増えていますので、綿密な準備や無理のないスケジュールを組んで、安全で楽しい登山をしてください。   
入山期間 4月中旬~11月中旬】



 
標高2,112m、北相木村との境にある日本200名山のひとつに名を連ねる御座山。
栗生からカラマツ林の谷間を歩き、ブナ・トチなどの原生林を抜けると、不動の滝に出ます。
6月上旬から中旬にかけて山腹に群生するシャクナゲは、見る者の心を奪います。山の中腹を登りいったん下ると、南北に細長い狭い岩場の山頂に到着します。頂上からは、八ヶ岳、南・北アルプス・浅間山などが見渡せます。さえぎるもののない360度の大展望は圧巻です。

  御座山コース
 


 
立原高原から、ふれあいの森や新婚の森を眺めながら登る標高1,882m、片道約2時間のコース。カラマツ林の小径を30分程歩き白樺林に囲まれた石畳の遊歩道へ。尾根筋から山頂までの岩場は一気に視界が開け素晴らしいロケーションが飛び込んできます。馬越峠からは約1時間。登山道の途中には「天狗の庭」「小天狗」などがあります。