村の紹介

長野県南佐久郡南相木村

位置・地勢

 南相木村は長野県の東南端、東経138度33分01秒、北緯36度01分57秒の群馬県境に位置しています。東西20km、南北5kmの細長い地形で、面積は66.05k㎡。千曲川の支流、南相木川が谷間を縫うように東から北西へ流れています。
 東は群馬県多野郡上野村、西は小海町に、北は北相木村に連なり、南は川上村・南牧村に隣接しています。村の北側には御座山(2,112m)があり、南は天狗山(1,882m)から馬越峠を越えて三国山へと続きます。村の中央に位置する峰雄山(1,631m)の南に三川、北は栗生川が流れ、中島で合流して南相木川となり、千曲川に注いでいます。総面積の8割程度を山林原野が占めており、南相木川に沿って、10の集落が点在しています。

気象
 気候は、内陸性高冷地気候で、年間平均気温は9℃。夏季も冷涼で気温格差が大きいのが特徴です。
降水量も年間1,000から1,200mmと少なく、冬季の降雪量も少量です。冬は北西の風が強く、厳しい寒さが長く続きます。
 

沿革
 
縄文時代には、この地に人々が暮らしていたことが明らかになっています。平安、鎌倉時代は大井庄に属し、戦国時代には相木氏の居住地となり、これが村名の由来になりました。江戸時代には幕府天領となり、明治に入ってからも、近世からの村域が長野県の直轄地として受け継がれ、現在に至っています。
 ※ 村章・・・ 南相木村特有の深山紅桜の花を背後に飾り、南という文字を図案化したものです。(昭和36年制定)

人口・世帯数
 
世帯数:430  総人口:1,057
 男:515  女:542
             ~平成29年3月31日現在~ 

村 章

村の木

村の花

村の鳥

南相木村 村章

村の木 あかまつ

村の花

村の鳥

 

あかまつ

ヤマザクラ

うぐいす