南相木村 トップロゴ

今日の天気-3℃ / 10℃

村長室から

南相木小学校の特色ある取り組み

「ふるさと体験」学習

学校は地域の中にあり、地域とのつながりの中で教育活動を進めます。子どもは、学校の中でも学びますが、地域の中で育ちます。
 南相木村は、豊かな自然に恵まれています。清らかな水の流れ、様々な表情を見せる山々、緑の木々に色とりどりの花を咲かせる草花…。昔からの自然が守られ、昔からの行事が受け継がれています。
 その中で育つ子どもたちには、豊かな心と村を愛する心情を育んでほしいと願っています。そのために、子どもたちが地域とつながり、地域に学び、地域を学ぶ学習活動を進める必要があります。ふるさとがもつすばらしさを体験し、学びにつなげる…それが、「ふるさと体験」学習です。

また、長野県では各学校が地域との間に築き上げてきた土台の上に、「学校運営参画」「学校支援」「学校評価」を一体的・持続的に実施する仕組みを「信州型コミュニティスクール」として構築し、学校と地域住民の協働による地域に開かれた信頼される学校づくりを進めています。
まさに、地域と一体となった南相木小学校の「ふるさと体験」学習は、信州型コミュニティスクールを推進する取り組みといえます。

ふるさと体験の日
毎年10月には、地域の皆さんから学ぶ「ふるさと体験の日」もある。

屋根付きプール

南相木小学校では、夏でも朝は涼しい日が続くことがあります。
そのような天候条件のなかでも水泳学習の時間が確保できるよう、「とこなつ制御盤」による可動式の屋根付きプールを設置しています。
天気に左右されず、思い切り水泳を楽しむことのできる環境が整っています。

屋根つきプール

スケート

南佐久はスケート競技のさかんな地域です。
南相木小学校でも、計画的にスケート学習に取り組んでおり、全校でのスケート教室が年間に何回も実施されています。
児童は、自分のめあてに合わせて、それぞれの楽しみ方でスケートに取り組みます。
本格的な競技を楽しみたい子たちのために、スケートクラブも設けられています。

スケート

ページトップへ戻る