諏訪神社・新海神社

諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社が造られたのは、5~600年前の鎌倉時代終わりか室町時代初めだろうと云われています。この神社には無形文化財である神楽の舞が伝承されています。そしてこの舞は、紀元2600年(昭和15年)平和を祈願した祝典で、宮内省楽部長により作曲振付され奏納さてら由緒ある舞です。現在は地元女子中学生により、春秋の祭典に奏納されています。

 

新海神社
新海神社
日向にある旧村社新海神社は、室町時代に造られたと云われています。文亀3年(1503年)、諏訪神社とともに同一人物により青銅の鰐口が寄進されています。また大永7年(1527年)9月に社殿を建て替えた古い棟札と、大永3年銘の金箔を塗った御幣が奉納されています。